Blog
ブログ

花粉やマスクによる肌あれに悩む方へ


お肌が変われば心が変わる、Vavairaシリーズで女性の美しさに貢献したいと日々奮闘しております。

vavaira(ヴァヴァイラ)japan cosme がお届けするブログです。

世界中で

今世界中がコロナウィルスの蔓延によりパンデミックになっております。

そして、色んな国がウィルスの封じ込めの為ロックダウンしていて外出できない

状況が続いておりますが、皆様はご無事でしょうか?

日本でも行動自粛制限がかけられていますが、なかなか難しい現状です。

マスクも手に入らない方も多いと思います。

今の季節、いつもであれば花粉症の話題がテレビでも流れていたのに

今はあまり目にしません。

そうは言っても、実際花粉症で悩まれている方も多いのでは?

春先のこの時期は一番お肌が不安定になる時期でもあります。

まず、注意したいのは花粉症などのアレルギーによる肌あれ。

花粉やアレルギーで起きる肌あれ

私達のお肌は3つの層からできています。

一番外側の層(外界と接している部分)を表皮といい、手で触れれる層で最も薄い層になります。

通常は表皮の角質層の細胞は潤い、その細胞の間には細胞間脂質というものが

間を埋めています。

タイルとタイルの間のセメントを思い浮かべて頂けるとわかりやすいのではないでしょうか!

そのような状態で、外部の刺激からお肌をブロックしています。

このバリア機能が低下する事により、お肌の中にアレルギー物質や花粉が侵入し

肌あれや痒み、湿疹を引き起こします。

それ以外にも、目の痒み、くしゃみ、鼻水など

目を擦ったり、鼻をかんだりする事で角質層が薄くなり余計に悪化してしまう

ということも考えられます。

 

 

マスクによる肌あれ

ではマスクによる肌あれはどうでしょう?

ますくの不織布は私達が思うよりも硬く、お肌に摩擦が起こりやすくなります。

マスクの下は通気性も悪く、湿気がこもりやすい状態です。

それにより菌が増殖しニキビの原因になったりもします。

お肌の状態が不安定な時期だからこそ、より影響を受けてしまい

肌あれに繋がってしまいます。

では、どうすればいいのでしょうか?

アレルギーの改善はなかなか難しいと思いますが、少しでも肌アレの症状を

少なくするためには?

どうケアしたらいいの?

前述で述べたように、バリア機能が低下し角質に潤いがなく角質層がめくれてしまう事によって、異物がお肌に侵入して痒みやかぶれを引き起こしてしまいます。

では、そうならないように角質層に潤いを与えしっかり保湿すると言うことが大切になってきます。

そして、なるべくお肌に摩擦を与えない事が大切です。

ただでさえデリケートになっているお肌に刺激になるので優しく丁寧にスキンケアをしてあげて下さい。

そして外から戻ったら、お肌表面に付着している花粉や汚れをしっかり落とす事も大切です。

この場合もクレンジング、フォームの際にお顔を擦りすぎないように気をつけましょう。

そして春からはじめるのではなく、春のお肌を見越して冬のスキンケアを見直す事も大切ではと思います。

毎日お肌と会話しながら、自分のお肌の状態を把握しましょう!

1. vavaira 抹茶洗顔で汚れを落としながら、潤いキープ!

2. vavaira美容液でしっかり保湿!

3. vavairaパッククリームで潤い倍増!

この機会に是非お試し下さいませ!

 

vavaira(ヴァヴァイラ)美容液を開発しております

株式会社さくやはエステサロンも経営しております。

そんなエステサロンスリーグランツで、Vavaira美容液をたーっぷりと使用したエステをご紹介

フェイシャルエステでは、ほうれい線DXコースが、

ボディエステでは、バストきゅっぽんコースがあります。

おうちでの、ケアにプラスでVavaira美容液のエステもぜひ受けてほしいメニューです。

メニュー導入をお考えのサロン様へ

新しいメニューの取入れを考えていらっしゃるサロン様

vavaira(ヴァヴァイラ)美容液を活用したメニューの指導も行っております。

是非私たちと一緒にVavairaシリーズを広げて下さいませんか?

0834312844

vavaira(ヴァヴァイラ)美容液のご購入はこちら

お電話でのお問い合わせはこちら

0834312844

vavaira(ヴァヴァイラ)美容液はふるさと納税でも購入可能です。

ふるさと納税サイト

vavaira(ヴァヴァイラ)美容液のコンセプトはこちら

 

 

 

 

 

 


Follow US